たたみラボ

  • about
  • member
  • r&d
  • blog
  • tatamicast

blog

RSS

B2BもAJAX

icon November 16, 2005 11:19 AM by yuugo このエントリーを含むはてなブックマーク

オムロンの B2B サイトで Ajax を活用 より

オムロンのB2BサイトでAJAXが使われているという記事。取引先を対象とするサイトなので、一般ユーザが気軽に試すことは難しそうですが、記事によると、部品コードのインクリメンタルサーチをやってくれるそうです。

インクリメンタルサーチというのは、数文字入れるとその候補をずらずらと出してくれるという、携帯電話の予測変換みたいなものです。

携帯電話の予測変換とちがって、部品のマスタがあるのであれば技術的には全く難しくはないのですが、これまでのWebアプリケーションでは「普通はやらない」レベルのものでした。

オールドタイプのWebアプリだとコードを入力した後にサブミットしてからエラーが分かったりして、生産性が悪く、ユーザは結局手元に「コード一覧」を紙で持っていたりします。

「コード入力では間違いが多くて困る」という場合には、「じゃぁドロップダウンリストにしましょうか」という設計になるのですが、大量のリストの中から選択するのはやはり生産性が悪い。じゃぁってことで、ドロップダウンリストを階層に分けて「大分類>中分類>小分類」に分けることで、リストの行数を少なくしようとするのですが、ユーザーは「希望する最終選択対象がどの大分類に分けられているか分からない」と、探し出すことは出来ません。また、大分類を選択するとその分類の中で選択可能な要素だけに絞った中分類にしたいものです。そうすると、大分類を変更するとやはり画面がサブミットされて中分類を絞るために画面がリロードされるというようなことが起きます。そこまで不便になると、「もういい!選択する対象は限られているので自分で入力する!」という要望が大きくなってきます。

インクリメンタルサーチというと何やら「やりすぎ」の感もするかも知れませんが、それ以外の選択をとった場合には、サーバーや設計やユーザーオペレーションに負荷をかけることになるので、標準でついていていい機能だと感じます。

ページトップへ



(C) RECRUIT MEDIA COMMUNICATIONS CO., LTD.