たたみラボ

  • about
  • member
  • r&d
  • blog
  • tatamicast

blog

RSS

梅田望夫氏 「善・清・可能性を信じるWeb 2.0の考え方」

icon December 25, 2005 4:04 PM by toshi_i このエントリーを含むはてなブックマーク

いつも的確&とてもわかりやすい言葉で web の未来像を表現されている、梅田望夫さんの新潮社フォーサイトでの連載記事 「シリコンバレーからの手紙」の最新記事から、石橋お気に入りの箇所を引用しておきます。

善・清・可能性を信じる「Web 2.0」の考え方
梅田望夫

Web2.0とは

ネット上の不特定多数無限大の人々を、受動的なサービス享受者ではなく能動的な表現者と認め、積極的に巻き込んでいくための技術やサービス開発姿勢

Web2.0の本質

誰もが自由に、別に誰かの許可を得なくても、あるサービスの発展や、ウェブ全体の発展に参加できる構造を用意する。それが「Web 2.0」の本質である。

集約可能な善・清・可能性

社会にはむろん善悪、清濁、可能性と危険が混在する。しかしネット上の数千万、数億という人々に内在する「善・清・可能性」の部分の「絶対量」は厖大である。それを集約できればいいのだ。
「Web 2.0」とは、技術によって集約可能な「善・清・可能性」の「絶対量」に注目する考え方なのである。だからグローバルに、若い世代の共感を集める力を持っている。

ウェブ全体の発展に参加する為の道具をみなの手に

道具を人々の手に行き渡らせるんだ。皆が一緒に働いたり、共有したり、協働したりできる道具を。『人々は善だ』という信念から始めるんだ。そしてそれらが結びついたものも必然的に善に違いない。そう、それで世界が変わるはずだ。Web 2.0 とはそういうことなんだよ (by ベイの創業者ピエール・オミディヤー)

COMMENTS

「正直は最大の戦略である」ということを
ほぼ日刊イトイ新聞 の記事で知りました。
信頼の時代を語る。
山岸俊男さんの研究を学ぼう。
http://www.1101.com/marugoto4/

実験でも、うまくいっているんだし、実践してみようと心がけています。

December 26, 2005 12:13 AM by funami  

POST COMMENT




(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

必ず利用規約に同意いただいた上で送信ください。

ページトップへ



(C) RECRUIT MEDIA COMMUNICATIONS CO., LTD.