たたみラボ

  • about
  • member
  • r&d
  • blog
  • tatamicast

blog

RSS

NHKがサーバ型放送を計画

icon January 25, 2006 1:40 AM by ooi1 このエントリーを含むはてなブックマーク

NHKが2007年度にサーバ型放送に参入することを正式に発表しました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060119-00000229-kyodo-ent(正式発表前のニュース)

専業主夫ではないからかもしれませんが、僕はテレビを付けっぱなしにしてだらだら見るのではなく、決まった番組をピンポイントで視聴しています。毎週「建もの探訪」「アド街ック天国」「やべっちFC」くらいしかみません。
これらは民放なので無料でみることができますが、もし僕が毎週あるNHKの番組を一つだけみたい場合、そのためだけに定額の受信料を払うよりも、その番組に対して視聴料を払った方が納得感があります。
ですので僕はこのニュースを肯定的に受け止めました。

また、サーバ型放送は時間の決まりがないのがいい。例えばニュース番組だと今日は大ニュースがたくさんあるから1時間24分、翌日は特にニュースがないから32分と臨機応変につくることができる。ドラマだって毎回同じ時間で区切らなくても、切りのいいところで区切ればいいので無理がないストーリー展開が期待できそう。これはちょっと今のテレビではできないですね。

サーバ型放送といっているものがどんな形のものかはわかりませんが、アメリカと同様日本でもiTMSでコンテンツが販売され、または「連続テレビ小説」などの続き物コンテンツは前日までに自動配信され、iPodで通勤途中に視聴ができるようになって欲しいと思います。PCでしかみれないってのはちょっと勘弁してほしいです。僕はMacなので…

あっ、そういえば「連続テレビ小説」は1話が15分で毎日放映ですね。これってとてもPodcasting的じゃないですか。
NHKはサーバ型放送に適したコンテンツをほかにも持っていそうな印象です。

TRACKBACKS

ページトップへ



(C) RECRUIT MEDIA COMMUNICATIONS CO., LTD.