たたみラボ

  • about
  • member
  • r&d
  • blog
  • tatamicast

blog

RSS

ワンセグ&モバHO受信実験 東急田園都市線

icon June 5, 2006 12:16 AM by ooi1 このエントリーを含むはてなブックマーク

大井宏友です。

ワンセグと同様に、携帯端末でテレビが見れる「モバHO」の受信実験をしてみようと思います。

「モバHO」とは?

公式サイトを見ていただくとお分かりになると思いますが、 ワンセグは地上波なのに対し、モバHOは衛星放送で、 サービスを受けるには自分が視聴したいチャンネルを選択して有償登録ををする必要があります。一言で言うと、モバイル向けTV放送における 「スカパー」という感じ。

VAIOでワンセグと比較

装置はPCカード

モバHOの受信装置は、専用の装置や携帯電話などがありますが、たたみラボが導入したのはPCカード型。パソコンで見るタイプです。 この実験では、VAIOにモバHOのカードをさして、ワンセグとモバHOを同時に起動して受信状態の比較を行いました。

受信実験:東急田園都市線 藤が丘-渋谷間

先日ワンセグ受信実験を行った、東急田園都市線の藤が丘-渋谷間で視聴を試みた結果が以下の画面です。
左がモバHO、右がワンセグ。

7tunnel

藤が丘-二子玉川間、田園都市線の地上部分では殆どがこのような感じで、モバHOは一度も途切れずに視聴できましたが、 ワンセグは殆ど受信することができませんでした。

モバHOは短いトンネルもOK 

特筆すべきは、短いトンネルの間も途切れずに視聴できたこと。田園都市線はいくつか短いトンネルがあるのですが、 まったく問題なかったのには驚きました。最初はPCがキャッシングしているのかとも思ったのですが、 二子玉川より先の地下区間に入ったら4秒で映像も音声もなくなったことから、キャッシングはしていない、 短いトンネルだったら衛星放送の電波が回り込んでいるということがいえると思います。

今回の実験での結論としては、田園都市線のような丘陵地帯、地上波だと電波障害がおきやすいところでは、 上空から電波が降ってくるモバHOの方がTVを楽しむことができる、としたいと思います。

TRACKBACKS

ページトップへ



(C) RECRUIT MEDIA COMMUNICATIONS CO., LTD.