たたみラボ

  • about
  • member
  • r&d
  • blog
  • tatamicast

blog

RSS

GPS携帯の写真をオンラインアルバムに登録

icon December 10, 2006 8:24 PM by ooi1 このエントリーを含むはてなブックマーク

hatenamap大井宏友です。

 2007年4月の3G携帯電話へのGPS搭載の義務付けが目前に迫り、 ドコモもようやく本気でGPS携帯(903i)をリリースしました。僕はこれを首を長くして待っていましたので、 早速ケータイを機種変してカメラ機能とGPS、Flickrはてなフォトライフなどのオンラインアルバムサービスを試してみました。

N903iで撮った写真に位置情報を入れる

機種を選ぶ際にいろいろ考えたのですが、903iの中でレスポンスが速そうで、デザインがまあ納得できたN903iを選びました。

N903iでの、 撮影~位置情報付加はこんな手順になります。

  1. カメラ機能を起動する。
  2. 撮影する。
  3. 保存先選択状態で、機能メニューを出して位置情報付加を選択する。
  4. 今測位するか、測位履歴から選択するかを選ぶ。
    • 今測位するを選んだら、少し待つ。
    • 履歴から選択の場合、リストに測位した日時が表示されるので、その中から選ぶ。
  5. 保存する。

…意外に(予想通り!?)面倒。撮影した画像を自動保存する設定にしておいた場合も、 上記手順の5がなくなるくらいであまり楽にはならない。

理想的なフローは、撮影したら勝手に測位が始まって、位置情報がついた状態で自動保存される、ですが、難しそうですね…。

位置情報はどんな状態で保存されている?

ケータイで撮影した画像に緯度経度がどのように記録されているか、JpegAnalyzerで見てみました。

jpganalyzer

Exif仕様の中にGPSの仕様も決まっています。緯度・経度の形式はGoogle Mapsでおなじみの「度」ではなく、「度・分・ 秒」と定義されていて、N903iもその仕様にのっとっていることが分かります(一部のGPSケータイの中には「度」 で記録されているものもあるそうです)。ただ、測地系が日本測地系ではなく世界測地系なので、自力でMashUpする場合も「度・分・秒」 から「度」への変換は簡単にできますね。

はてなフォトライフにアップロード

撮影した写真を、「はてなフォトライフ」 にアップロードしてみました。アップロードの仕方は割愛しますが、アップロード成功後の画像をブラウザで見てみると、撮影日、 カメラとレンズに加えて緯度経度も認識されています。

 hatenaphoto

さらに、この緯度経度の部分をクリックすると、同じくはてなが提供しているGoogle Mapsとのマッシュアップである 「はてなマップ」に飛び、 写真が地図上にマッピングされて表示されます。このシームレスな連携は同じ会社が提供しているサービスならではですね。

Flickrにアップロード

今度はFlickrにアップロードしてみます。 Flickrもmap機能を持っているので、 はてなフォトライフと同様にアップロードしたら位置を自動認識することを期待していたのですが、 残念ながら認識してくれません(上)。ただ、EXIFは保持しているようです(下)。

(2007.1.10追記)Flickrでも自動認識することができました。訂正させていただきます。自動認識させる方法はこちらをご覧ください。

ALPSLAB PHOTOで見てみる

では、Flickrにアップロードした写真を、 FlickrをマッシュアップしているALPSLAB PHOTOで見てみます。ALPSLAB PHOTO上でFlickrアカウントでログインすると、Flickrにある自分の写真が表示されます。先ほどの写真を表示すると、 上図のようにFlickrから緯度経度を引っ張ってきてはいるのですが、 実はこの状態では地図上にプロットされていません。次の手順でMAPに登録する必要があります。

  1. 「MAP」ボタンをクリック。
  2. 「この写真に現在位置を付与する」をクリック

これでALPSのMAPに登録されます。登録されると、下図のように「緯度経度」の欄が追加されます。

 

もう一度Flickrに戻ってみる

ALPSLAB PHOTOで位置情報を登録したあと、Flickrはどうなっているのかを見てみると、 右のようにgeotagが付与されます。ALPSLAB PHOTOはこのgeotagを使って値樹上にプロットしていることが分かります。 実際に手でこのgeotagをつけても、ALPSLAB PHOTOは認識してくれます。

ただ、最近のFlickrはgeotagではなくて独自に位置情報を保持するようで、 せっかくALPSLAB PHOTOで位置情報を登録しても、Flickrの地図にはプロットされません。

このように、Flickrでは写真と位置情報をひも付けるのは結構面倒なことが分かりました。


GPS携帯と地図のおもしろさは、集合知

以上、FlickrALPSLAB PHOTOはてなフォトライフを紹介しましたが、 GPS携帯の写真をオンラインアルバムに登録することで、 あとから自分の写真を見てどこで撮影されたものかを思い出せるという楽しみ方ももちろんですが、 それだけではなく沢山の人が位置を登録しそれが地図上にプロットされることで、 地図を見ながらその場所の様子を知ることができるという新しい体験ができると思います。GoogleMapsの航空写真と組み合わせると、 上空から地上から写真でその地点の様子を見ることができるのでさらに面白いと思います。

ただ、そのためにも撮影時に緯度経度情報をつける方法を何とかもっと簡単にできるようにならないかなあと思いました。

ページトップへ



(C) RECRUIT MEDIA COMMUNICATIONS CO., LTD.