たたみラボ

  • about
  • member
  • r&d
  • blog
  • tatamicast

blog

RSS

ETech07 - マジックのタネはすごいテク

icon March 28, 2007 1:37 PM by funami このエントリーを含むはてなブックマーク

フナミタカオです。
サンディエゴで始まった、Etechに参加中です。
今回のテーマは「Magic and the sufficiently advanced technology behind it」。
「マジックのタネはすごいテク」
ってところでしょうか。
まだ2日目ですが
「ファンタジーの世界の魔法も実は、すごい技術でできていいるのではないか」
というのが、根底のテーマのようです。

そして、その魔法の世界のなかで、Web2.0の再定義をしようという風にも感じられます。

少し落ち着いた感じ

昨年のETechでは、多くの人がネット上で、コミュニケーションすることで、集合知が形成され、この集合知っていうのは、結構使えるのもになるのではということで、盛り上がっていました。 ソーシャル系のサービス、全部ワッショイ!だったのですが、今年は、ブログ、ソーシャルブックマーク、検索エンジン、SNSにたいしての目新しさはなくなって、

「ひととおり、そろったけど、これからどうしよう?」
という感じ。

よく言うと、「落ち着いて、本質を考えよう」なんだけど、
悪くいうと、「刺激や新しいことがないなあ」。

Etechに参加されている須藤さんがこの1年を振り返られていますが、この1年のサービス公開のスピードってすごかったですよね。


2006年3月がどのくらい昔かというと、

* Livedoor ReaderもLivedoor clipもまだなかった
* BuzzurlはまだECナビ人気ニュースα版という名前だった
* YouTubeはまだサービス開始3ヶ月で、Googleに買収されていなかった
* Lingrもまだなかった
*「ふっかつのじゅもんがちがいます。」 - Etech2007

ここにリクルートの出来事をかぶせると


*リクルートのWebサービスはまったく公開されていなかった。


とまあ、この一年の、いろんなサービスの登場で
すごさに対する、感覚がちょっと、麻痺しているのかもしれません。

そんな中で、魔法のタネを明かすということで、技術的なすごさを再認識して、裏方はがんばってるんだから、ちゃんとほめてよ、というメッセージにもなるし、そもそも、このマジック誰のためにやってんだっけ?という本質を問いかける機会にすればいいのだなあと書きながら、ちょっと整理。

初日の夜はマジックショー

436722369_8ba071416d.jpg


マジックということで、初日の夜はマジックショーか開催
ラスベガスムードむんむんで楽しませていただきました。
写真はArthur Benjaminさんなんですが、彼は、暗算の天才。
数字を使ったマジックをいろいろ披露。
写真は、会場から選ばれた方の誕生日 70/7/11日から、あっという間(10秒くらい)に、魔方陣を作成してしまったところ。
縦横とか、真ん中4つとか、いろんなところを足すと25になっちゃいます。
このほかにも、4桁の数字の2乗を暗算したりとか、沸かせてくれました。

34×34を1秒で答えたりしてくれました。

もしや、九九のように、全部覚えているのかとおもったのですが、2桁、3桁もできちゃうので、本当に暗算だったんです。

あとで、種明かしもてくれて、2乗であれば、あるルールでとくと、かなり楽にできるということだったのです。ただ、高速化するには、練習練習だそうで、努力なしにできるわけではないとのこと。
マジックの裏には、タネがあるんだけど、練習なしにはできないということです。
そういえば、ハリーポッターも、魔法の練習してました。魔法学校という専門学校もあるし、魔法というのは決して楽でないと再認識。

「魔法の影には、多大な努力がある。」というメッセージですね。
また、これは、魔法は練習すれば、習得できるということでもあります。
すごい技術で、仕掛けを作ってもいいですしね。

リンク:O'Reilly Etech2007公式ページ

【その他 ETech2007 関連レポートはこちら】

COMMENTS

ネタにマヂレス?

『「ファンタジーの世界の魔法も実は、すごい技術でできていいるのではないか」というのが、根底のテーマのようです。』

っていうよりは,「魔法ととんがった技術は区別できない(Any sufficiently advanced technology is indistinguishable from magic)」というクラークの三大法則の一つ
http://en.wikipedia.org/wiki/Clarke's_three_laws

にひっかけてるんだと思います.「魔法のようなサービスを支える技術とは何か」ってのがテーマなんじゃないかと

March 28, 2007 4:16 PM by 匿名  

コメントどうもありがとうございます。
ご指摘どおり「魔法ととんがった技術は区別できない」
“Any sufficiently advanced technology is indistinguishable from magic.”が、公式ページのトップに出ています。そのとおりでよろしいかと思います。

「ファンタジーの世界の魔法も実は、すごい技術でできていいるのではないか」というのは、実は27日午後のセッション
http://conferences.oreillynet.com/cs/et2007/view/e_sess/9807
で語られていたネタから僕が脚色しちゃいました。(そのネタについては後で書く予定です)僕の感想だということで、ご理解いただければとおもいます。

March 28, 2007 5:46 PM by フナミタカオ  

POST COMMENT




(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

必ず利用規約に同意いただいた上で送信ください。

ページトップへ



(C) RECRUIT MEDIA COMMUNICATIONS CO., LTD.