たたみラボ

  • about
  • member
  • r&d
  • blog
  • tatamicast

blog

RSS

ETech07 - 歴史から学ぶイノベーションの発現条件 / The Myths of Innovation

icon April 2, 2007 6:00 PM by toshi_i このエントリーを含むはてなブックマーク

研究員の石橋利真です。こんにちは。
MicrosoftでInternet Explorerの開発をしていた人による、イノベーション - 革新的な発明 - の発現条件についての講演まとめです。

講演者

Scott Berkun
1994 - 2003年の間、マイクロソフト社にてInternet Explorer ver.1 - 5の開発に携わっていたエンジニア。主に新機能開発チームのプロジェクト管理を担当。そんな仕事をしていく中で、「革新的な発明が起きうる、理想の環境ってどんなだろう?」と興味を抱き始め、そっちの研究をしたくてMSを去る。著書は "The Art Of Project Management""The Myths Of Innovation" の2冊。 blog: Berkun blog

講演テーマ

イノベーションに必要な土壌・要素って何?
歴史を振り返り、事例を深く検証することで、大切な学びが浮き彫りになってきたよ

イノベーションとは - 歴史から判ること

  • 常に相関的なもの。誰かの成功は、必ず他の誰かの貢献の上に築かれている
  • つまりは競争に勝つこと。一番乗りになること。
  • それ自体よりも、その進展性や名声的成功に人の注目が集まりがち。
  • はるか昔から繰り返されてきていること。
  • chronocentrism - 常に現代のイノベーションが最も価値が高いと認識しがち。
  • 後世になって、誇張されがち。
    例) "炎"を神から盗んだペルメテウス、ニュートンとりんご

事例

3M社 - 近代企業によるイノベーション
  1. 元は炭鉱を掘る会社。最初の10年間、ずっと紙やすりを生産していた。
  2. 社員の一人が、新規事業として "マスキングテープ" なる発明のビジネス化を考案。
  3. 上長だった William McKnight 氏は、会社の方向性と合ってない、と3回進言を跳ね除ける。
  4. 4回目の進言に来たときに、ふと「これほど情熱を持っているなら、きっと何かあるんだろう」と、好きにやらせてみることを決意 → 事業として成功
トーマス・エジソン
  • 優れた研究者というよりも、優れたマーケティング・PRマン。
  • 同時代の発明家 Nikola Tesla と対照的。
  • イノベーション自体をビジネスマーケットとして捕らえていた。
  • 配下に優れたエンジニアを抱えていた。
  • 彼らの発明をエジソンブランドとして世に放つ仕組み。社会的損失を出した際の責任を彼一人が引き受けることで、部下を保護していた、という見方も。

これらから得られる学び

どんな企業でもイノベーションを起こすことは可能。その秘訣とは:

  • それぞれ自分に合ったやり方で仕事をする事を許すこと
  • 個々に権限と責任をゆだねること
  • 管理側は対外的な責任を担保してあげる
  • 失敗が起きることを想定・許容すること
  • 画期性・先進性自体を評価してあげること

そして、

上記を実施するのは難しい事だと覚悟した上で、許容すること

もっと詳しく...

book: The Myths Of Innovation (5/1発売予定)

ページトップへ



(C) RECRUIT MEDIA COMMUNICATIONS CO., LTD.